Translate

月曜日, 5月 30, 2011

100円 LEDランタン改造でパワーアップ

先日、セリアで小っこいLEDランタンを発見しました。
これがなかなかどうして100円(電池別)とは思えない良い出来栄えなのです。
丁度ランタン欲しかったので思わず衝動買い。
停電の不安による需要で懐中電灯が品薄になっていますが、100円懐中電灯とか
はチラホラと店頭に並び始めましたね。今は乾電池も在庫があるようです。

100円ランタン改造パワーアップさて、これ4LEDルームランタンとして売られていますが、白色LED2個、イルミネー
ションの緑青点滅LED2個の組み合わせなので、ライトとしては実質2LED。
そのまま使ってもまぁまぁ明るいのですが、実用としてパワフルなライトに改造をしよ
うと思います。
詳細な改造記→100円LEDランタンの改造

ところで私は震災での停電の体験で懐中電灯よりもランタンだ!と確信しています。
100円ランタン改造パワーアップ02まず夕食の時とか暗がりを懐中電灯で照らして食事は難しくて苦痛である。
ランタンなら360°全体を照らしてくれるので快適便利です。
震災の時は我が家では蝋燭を使いました。余震で倒れたりで火事になるリスクがあ
るので扱いには十分注意がいりますが、懐中電灯より遥かにマシです。
あと停電になると苦痛なのが猛烈に暇な事。こういう時の暇つぶしには小説や漫画
を読みたくなりますが、懐中電灯の明かりで本を読むのは意外と難しい。
こんなとき、ランタンならコーヒー飲みながら本も読めちゃうんです!^^

100円ランタン改造パワーアップ03さて、改造のほうは実に簡単に済ませています。
通常の高輝度な白色砲弾タイプのLEDでの明るさには限界があるので、最近の
お気に入りである日亜製のFluxLED雷神を2つ使いました。
抵抗35Ωを繋いでそれぞれ40mAで点灯させ、2つで80mAの消費です。
雷神LEDと抵抗はネットショップのエルパラさんにて購入しました。対応が良いの
でお勧めのショップです、
単四アルカリ乾電池では80mAの電流で放電させると約15時間ほどで電力を使
い切るようなので、実質の点灯時間は10時間ちょい、と言ったところ。
関連記事→単1形乾電池タイプの大きいLEDランタン改造

0 件のコメント:

コメントを投稿

秋月のUSB DACキットを試してみた

前回は共立エレショップの 超小型USB DAC をご紹介しましたが、それに引き続いて 秋月電子 のDACキット AKI.DAC-U2704 REV.C を試してみました。 超小型USB DACと同じくチップはPCM2704を搭載しています。 お値段もお手ごろな¥1700です。...