Translate

火曜日, 6月 28, 2011

空飛ぶ芝刈り機!

凄いです。想像以上に良い飛びっぷりに思わず笑ってしまいました。
ビデオの中の会場も爆笑、あとBGMがトップガンなのもシュールw
外人さんってセンスありますよね~


どうやら機首にエンジンとペラ搭載のようです。
分類としては全翼機になるんでしょうか?エレボンで操舵してるみたいですが
なかなかの機動力をもってて、宙返りや背面飛行もそつなくこなしています。
そのたびに笑いが発生してますが^^
面白そうなので、こういう飛行機もいつか作ってみたいなぁと思ったり。
翼型とかなく、ただの板翼っぽいんですが良く飛ぶなぁと関心。

水曜日, 6月 22, 2011

暑い夏が顔を出してきましたね~ ε-(´o`;A

今日は夏至ですね。
全国的に気温が高くなりムシムシしてるからエアコンつけた人が多かったんですかね~
電力需要が電力会社の予想を超えた量になったそうです。
暑くなったとたんに綱渡り状態ですね。
東北電力では午後に最大電力が供給力の90%近くまで迫ったらしいです;
危ない危ない・・・まぁた大停電するとこだったんじゃ?・・・危機一髪だったのかな。
ていうか、うちはまだエアコンはおろか、扇風機すら使っていないんだけどな
まだ夏本番前でこの状況では夏を節電で乗り切れるのか謎です。心配だ。

という事で、いま私的に欲しいなと思うのがコレ、ホンダenepoです↓ 
カセットガスで動く小型発電機エネポエネポはカセットコンロで使う、カセットガスを燃料にした小型発電機です。
もともとはアウトドアレジャー用品のようで、発電性能はガソリン式の発電機の方が
余裕タップリですが、ガソリン燃料は保管がネック。
カセットガスは3本組でアマゾンで500円ですから燃料費も安いし、ガスが使えない
時はカセットコンロで調理にカセットガスを使うから一石二鳥です。

運転時間はカセットガス2本で定格900Wで1.1時間、エコスロットルの225Wでなら
2.2時間。1000円分(ガス6本)で6.6時間だから停電用には十分。
とりあえず、エコスロットルで小さい液晶テレビと照明器具と扇風機は動きます。
フル出力だと、炊飯器やポットやトースターも動きますね~
流石にエアコンや冷蔵庫は(モーター起動時に大電流が要る為)無理のようです。

ただ、残念な事に震災の後に値段が急上昇し、いま10~13万くらいになっています。
ちょっと迷う価格帯になってしまいました。う~ん・・・
でも少し前に話題になっていた〝家庭用リチウム蓄電池〟とかに比べたら激安です。
200Wで使って5時間放電の容量1000Whのタイプで90万近い値段でしたから^^;
あんなのは金持ちさんにしか買えません。

土曜日, 6月 18, 2011

身近なもので作れる自作のガイガーカウンター

いまだにガイガーカウンターを求める人が多く、値段が高騰しています。
一時的なブームで、特需なんて静まるだろうと思っていたんですが、いつまでも
収まらないばかりか値段が上がっていく始末・・・
という訳で簡単に作れる自作のガイガーカウンターを気休めに作ってみました。

自作ガイガーカウンター(簡易放射線検知器)米村でんじろう先生の「なんでも実験室」というので紹介していた、YY式簡易GM管を
真似しただけですが、ちゃんと放射線を検出する優れものです。
これを使って身の回りに放射能のホットスポットがないかとか探ってみようと思います。
雨樋下や側溝、枡、吹き溜まり等の雨で流れた汚れがたまり易い場所には放射能が
濃縮していて高い線量が検出されるらしいですよ。
動作している様子↓


構成:YY式GM管、静電気を貯めた電気コップ、AMラジオです。
放射線によってGM管内でパルス放電が起こり、その放電ノイズを傍に置いたラジオ
で、パチっ・・・パチっ・・。という音を聞くことで検知します。
動画の中で、放射線源として使っているのはランタンのマントルで、微量のトリウムと
いう放射性物質を含んでいるので検知されます。
簡単に手に入る放射性物質ですが、最近はトリウムフリーのマントルが主流になって
いるらしくトリウム入りのものは少なくなってるみたいです。
私が使ったマントルはキャプテンスタッグ製です、同じ製品をガイガーカウンターで
計測した人の測定結果によると2μSv/h以上の線量がありました^^;

自作の簡易ガイガー=ミュラー管YY式GM管は、米村先生はフイルムケースを本体に使って製作されていますが
手に入らなかったので、私は飲むヨーグルトのミニボトルを使って作りました。
その他のは同じです。陰極に紙、陽極に0.2mm程の銅線を使っています。
電気コップなどもアルミホイルとアクリルコップで簡単に作れます。
・製作記事はこちら→身近なものから製作できる放射線検知器

家にあった園芸用のカリ肥料を拝借。放射線を検出できるか試しました。

結果としては弱々しい反応ですが 微量の放射線も検知できるようです。
天然のカリウム中には0.0117%の割合でカリウム40という放射性物質が含まれる
そうです。そのカリウム含有の多いカリウム肥料からなら放射線を検知できるとい
うわけです。
カリウム肥料をちゃんとしたガイガーカウンターで計測した人の測定結果によると、
硫酸カリ肥料1kgに測定器を直置きで0.2μSv/hくらいの線量でした。

キャプテンスタッグのマントルを計測した人の動画は→こちら

木曜日, 6月 16, 2011

防衛省の開発した球形飛行体

防衛省技術研究本部が開発した空飛ぶ球体型の偵察機だそうで、テレビでも
紹介されていたようですね。
3軸にジャイロを搭載し8枚の打面で制御してるようで、なかなか凄い機動力と
安定性を持っていて面白いと思いました。


直径420mm、重さ350g、材質はスチレンとカーボン。リポ3Sで8分飛行可能。
このくらいの運動はヘリでも出来そうだしEPP機でもできそうですが球形なので
地上を転がって移動したり、転がった状態から起き上がって離陸、ホバリング、
転がって着陸。あらゆる状態からでも離着陸飛行できるのが素晴らしい。

制作費11万、開発期間16ヶ月、部品は秋葉原だそうです^^ ラジコンですね。
真似て作った人の動画がyoutubeにありましたが、失敗してました・・・
安定して飛ばすのは難しいみたいです。
いかに防衛省のが自立安定が凄いかというのが判ると思います。
でも!これ遊びじゃなく防衛省の人がやった仕事ですから、税金ですから!
原発事故の時にそうだったように、持ち腐れにして実戦では米軍からロボットや
偵察機を貸してもらうっつーアホな事にならんようにお願いしたい。

使わないなら金の無駄、開発した人の労力や時間も無駄になっちゃいます。

詳細は→防衛技術シンポジウム2010まるい未来型飛行物体PDF

水曜日, 6月 08, 2011

癒しを求めて~元滝伏流水~

週末、天気がよかったので久しぶりに元滝伏流水に行ってきました。
ここは「平成の名水百選」に選ばれた清流で、山に染込んだ水が80年を経て
30mに渡る岩盤一帯から吹き出ている場所です。

ポカポカしてて山道の遊歩道を散策するのに最高のコンディションでした^^
途中に点在する湧水の流れる小川のせせらぎに癒される。
伏流水の周囲は水で冷えてとても涼しいしマイナスイオン浴びまくりです。
フルハイビジョンのXactiを試すのとyoutubeへHDで投稿がしてみたかったので
撮影もしてきました。とっても涼しげな映像をどうぞ↓


小さいウインドウで観るだけなら720pで十分に高精細でいい感じです。
1080pにしてもあまり変化が見れらず読み込みが無駄に重たくなってる印象。

これから暑い季節に突入しますが、元滝伏流水は絶好の涼みスポットです。
夏真っ盛りでも湧き水は2~3℃と冷たいので、辺一帯がクーラーつけたように
ヒンヤリ涼しいんです。
あまり混雑しない田舎の穴場的ポイントなのでおススメですよ~。
元滝へはJR象潟駅より9km(車で18分)→地図

日曜日, 6月 05, 2011

放射能の影響!?福島で「耳の無いウサギ」生れる

国会の内閣不信任案否決を巡るニュースで世間が騒いでるせいか放射能で
苦しめられている福島が放ったらかしになってる気がする今日この頃。
辞めるとか辞めないとか言った言わないとか、くだらない政治家のバカ騒ぎに
はうんざりですね。
さて皆さんは「福島原発事故後に生まれた耳なし子うさぎ」の動画はご存知で
しょうか?福島県で耳無しウサギ産れる 遺伝子異常?5月にyoutubeに投稿された子ウサギのビデオが大反響になりネットでは話題
となっていました。→ネットで大論争に…白い「耳なしウサギ」は本当にいた
米国メディアでも取り上げられたりしてますが日本のメディアは興味ないようで
あまり報道していないようだからご紹介したいと思います。



場所は福島・浪江町。原発から30km圏の少し外側で事故当時は屋内退避も
不要だと言われたエリアだそうです。
現在は計画的避難区域に指定されてるようです。
飼い主によると子ウサギが生まれたのは4月末頃。ウサギの妊娠期間は1ヶ月
らしいから、もろに放射能汚染された後に妊娠していた事になります。
放射能汚染が凄かったチェルノブイリでも奇形の動植物が発生していたような
ので、一概に原発事故の放射能とは関連がないとも言い切れないですよね?
これは怖いニュースだと思います。
まだ見た目カワイイからいいですが、これがグロい奇形だったら大惨事。
あと、ウサギの飼い主は動画投稿の後から心無い輩からの嫌がらせに会ってる
そうで、これもある意味怖い事ですね・・・

最後に。動画のコメントにあるんですが
福島では鼻血を出す子供達が増えてるそうです。現地は大変な事態になって
いると思うのだが・・・何故か報道しない無関心にゾッとします。

秋月のUSB DACキットを試してみた

前回は共立エレショップの 超小型USB DAC をご紹介しましたが、それに引き続いて 秋月電子 のDACキット AKI.DAC-U2704 REV.C を試してみました。 超小型USB DACと同じくチップはPCM2704を搭載しています。 お値段もお手ごろな¥1700です。...