Translate

水曜日, 9月 07, 2011

『風の谷のナウシカ』漫画版

新型機の製作ですが、主翼でヤル気切れを起こして現在、充電中(= ̄ω ̄
ヤル気を湧かせるため風の谷のナウシカを久しぶりに熟読しました~。
これには映画版には出ない色んな航空機が登場する!ケッチとか色々!
ただ、原発事故後に読むと考えさせられる・・・「多すぎる火は何も産まない」
全くその通り、原子力の火は強烈過ぎて人類は消し方も判らない始末。

宮崎アニメって子供も大人も楽しめるようになってますが、ナウシカ漫画版は
質がちょっと違う、内容がとても複雑、深い、重い、濃い。
どちらかと言えば大人向け。でも!凄く面白いんです、お勧め!!
風の谷のナウシカ 漫画版漫画と映画は世界観は同じですが、中身はほとんど別物。
映画では、侵略するトルメキア、滅んだペジテ、巻き込まれた風の谷、だけ。
しかし、漫画ではトルメキア王国と土鬼諸侯連合が争う愚かな戦争が舞台で、
トルメキア盟約国の風の谷は、その戦争に従軍させられる。
病気の父に代わり従軍するナウシカが、土鬼や蟲使や森人など、多くの人々
と出会い、そして腐海が生まれた秘密を解き明かしていく・・・
簡単に言うと、映画版は解り易くてサッパリ、漫画版は複雑で濃くてドロドロ。

漫画は1~7巻までありますが、映画版の話は1~2巻の途中までです。
映画のラスト、「青き衣をまといて・・・古き言伝えは誠であった」とか漫画では
まだまだ序章なんです。
とにかく内容が濃いので、続けて全部読むと1日潰れますw
漫画の終盤に賛否あるようですが、私は悪くないと思うけどな~。

0 件のコメント:

コメントを投稿

秋月のUSB DACキットを試してみた

前回は共立エレショップの 超小型USB DAC をご紹介しましたが、それに引き続いて 秋月電子 のDACキット AKI.DAC-U2704 REV.C を試してみました。 超小型USB DACと同じくチップはPCM2704を搭載しています。 お値段もお手ごろな¥1700です。...