Translate

火曜日, 8月 05, 2014

抱返り渓谷

秋田県仙北市、田沢湖に程近い所にある『抱返り渓谷』へ行ってきました。

東北の耶馬溪と称され、V字渓谷両岸の原生林と独特の青い渓流が美しい、新緑と
紅葉の綺麗な名所です。
抱返りの名前の由来は、かつては人が抱きかかえる様にしないとすれ違う事ができな
かったからと言われている。
 
遊歩道は綺麗に整備されており、とても快適。
途中、歩道整備をしているオジさんに擦れ違い様、滝の辺りでクマが目撃されている
から気ぃつけてな!と忠告を受けました。
そう言われても、崖の一本道でクマが居たら逃げ場ないからお仕舞いだよな~・・・
 
渓谷を流れる川は独特の青色をした渓流です。美しい水色と緑とのコントラスト。
川の水は本当に独特な色合いで、乳白色がかっており、真青と言うより少しだけ
緑色の入ったようなコバルトブルーです。
玉川の酸性の水に溶け込んだ成分による光の反射とかで青色に見えるらしい。
 
途中途中には崖を渡した小さい橋や断崖をくり貫いた素掘りのトンネルが幾つか
あって遊歩道は変化に富んでるので、散策してて面白いですね。
 
「回顧の滝まで100m」地点。結構長いトンネルがありました。奥は真っ暗。
 
トンネル内は湿ってて涼しいです。小さい照明が点いていますが中はかなり薄暗い。
むき出したゴツゴツの岩が独特な感じで、なかなか良い雰囲気W
 
抱返り渓谷の見処の一つである『回顧の滝』に到着。
それほど大きな滝ではないですが優雅な姿をしていて美しいです。
滝までゆっくり歩いて約20分ほどでした。もうぼちぼち夕方なので帰ることにします。
 
遊歩道の案内図を見ると、もう少し先に『百尋の滝』っていうのがあるみたいですが
回顧の滝のちょい先の所で通行止め。どうらや通路が崩落しちゃってるようです。
 
帰り際に途中にあるビアレストランに立ち寄って、田沢湖ビールをお土産に。
 
田沢湖ビールは意外と種類が多くて迷ったのですが、とりあえずお勧め品をチョイス。
私が飲んだ中で一番のお勧めは『アルト』。口当たりまろやかで飲み易かったです。 
 
抱返り渓谷のムービーも撮ってきましたので、宜しければ観てください ^^

0 件のコメント:

コメントを投稿

秋月のUSB DACキットを試してみた

前回は共立エレショップの 超小型USB DAC をご紹介しましたが、それに引き続いて 秋月電子 のDACキット AKI.DAC-U2704 REV.C を試してみました。 超小型USB DACと同じくチップはPCM2704を搭載しています。 お値段もお手ごろな¥1700です。...