Translate

火曜日, 3月 18, 2014

完全に人間を超越しているロボット

youtubeにて凄いロボットを見つけました。
将棋電王戦にデンソーのロボットアーム、電王手くんが登場して将棋を指すのを見て凄いな~って思いましたが、この動画のヤツはもっと凄いです。

ゲンコツロボット、Robot M-1i A(ファナック)
ロボットが瓶に入った3色のカプセルをパレット上に自らバラ撒いて、元通りに色分けして
再び瓶に入れるという単純作業の動画なのですが、
 

初め見た時は一瞬・・・えっ なに?って思いましたw
動きとか目で追えない程の速度です。
これを人間がやっても、このスピードで瓶に戻すのは両手を使っても無理ですよねぇ・・・
人間の敏捷性を完全に凌駕してると思います。しかも速いだけでなく動きが緻密で器用。
また、バラバラになったカプセルの選別は、色や形などを視覚センサーで見ながら判断して作業しているというから凄い。
  

この動きの速さの秘密は、モーター等の重量物は上部の本体に格納して動力をシャフトを介して伝達する機構にあるらしい。
アーム部分にはモーター類がなく軽量なので高速で精密に動き回れるんですね。
このロボを作っているファナックは日本を代表する機械メーカーで、CNCやロボット分野で世界シェア首位に入るメーカーです。
そして世界シェアを制する4強はABB(スイス)、安川電機(日本)、ファナック(日本)、KUKA(ドイツ)だそうです。
 
しかし、こういうロボットがどんどん普及してしまうと、工場で単純労働しているパートさんとか派遣の人の職が失われてしまうので、どうかと思いますねぇ。
 
そういえば最近、googleがロボット分野に進出していて、ロボット産業を脅かすんじゃないかとか言われていますが、どんなロボットを開発してくるんでしょうね?
果たしてロボット企業の世界4強を追い抜けるんでしょうか。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

秋月のUSB DACキットを試してみた

前回は共立エレショップの 超小型USB DAC をご紹介しましたが、それに引き続いて 秋月電子 のDACキット AKI.DAC-U2704 REV.C を試してみました。 超小型USB DACと同じくチップはPCM2704を搭載しています。 お値段もお手ごろな¥1700です。...