Translate

月曜日, 5月 06, 2013

恐怖の現場、新作リリースが

なんと今年の6月に稲川淳二の恐怖の現場シリーズで3年ぶりの新作が出るみたい。
この恐怖の現場シリーズは大好きなので とても楽しみです^^
発売は6月28日!
稲川淳二 恐怖の現場 最終章 ~禁断の地 永久に、永遠に~
Vol.1 震撼…霊魂が誘う迷宮霊界
Vol.2 戦慄…死霊たちが集う魔のランドマーク
今作の舞台は、
熊本:阿蘇山・阿蘇大橋・阿蘇観光ホテルと高知:室戸岬・スカイレストニュー室戸。
とくにスカイレストニュー室戸編では稲川氏の建築批評が炸裂しそうで楽しみw
恐怖の現場シリーズは、稲川淳二による心霊ドキュメントDVDのシリーズで、
怪談話でお馴染の稲川淳二とアシスタントのグラドル2人が実際に心霊スポットを訪れて
心霊スポットの検証をするというドキュメンタリー。

稲川淳二とグラドルが心霊スポット内を探索。この時の工業デザイナーでもある稲川の
建物の物件批判や推理が面白くて好き ^^
 ↓
一通り探索した後、心霊スポット内でグラドル相手に、その現場に関連ネタの怪談話。
 ↓
検証と称し、スポットで一番心霊が出そうなエリアにグラドル2人を置き去り、離れた所で
稲川淳二とスタッフがモニターで2人を観察する放置プレイ。
たまに無線で稲川が煽って怖がらせたり、異常が起きたら慌てて助けに走ったりw
 ↓
稲川淳二が心霊スポットについて推理をまとめる。
間違いないと思うんだけど、たぶん こんな感じの内容です。

恐怖の現場というタイトルやパッケージデザインからは心霊ホラーっぽさが漂いますが
心霊映像や怪奇現象は殆ど映っていないように思います。
恒例的に〝謎の発光体〟と〝不可解な声〟が登場しますが、発光体は照明機材から
ガラス片等への反射や、遠方の車のライト・街灯かもしれず・・・^^;
不可解な音や声もグラドルの悲鳴や会話で、ほぼ聞き取れないという仕上がりです。
なので、真面目に心霊の怖い映像を期待する人にはガッカリかもしれません。
(四国巡礼・恐怖の現場、徳島・廃ホテル編では、それっぽいモノが写っています)
しかし、稲川淳二ファンなら見て損はないですよ。きっと。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

秋月のUSB DACキットを試してみた

前回は共立エレショップの 超小型USB DAC をご紹介しましたが、それに引き続いて 秋月電子 のDACキット AKI.DAC-U2704 REV.C を試してみました。 超小型USB DACと同じくチップはPCM2704を搭載しています。 お値段もお手ごろな¥1700です。...